私的年金iDeCo(イデコ)

はじめての年金

iDeCoって何?

私的年金 iDeCo

これは、証券会社に口座を開き、投資信託というお金を有価証券という財産に変えて運用し、利益をだしながら将来受け取る国の年金に加えて受け取ることができる自分で作る年金のことです。

必要なければ作らなくていいです。

しかしながら、年金生活になると年金の収入しかなくなってしまい、その中でやりくりしなければいけません。そう考えた時、お小遣いは少しでも多い方がいいですよね?

お小遣い作りとして考えましょう。

投資って何?

投資というものは簡単に言うと株式会社と名前がつく会社にお金を出してがんばれよって応援することです。会社にお金を渡すと有価証券という紙っぴれをお金を出した証拠としてもらいます。その会社が頑張って利益を出したら、ありがとう!おかげで助かった!今回、順調なんだ。お礼にちょっとだけどお金を渡すね!(配当金)

一株100円で株を購入 半年後 一株1円の配当金 101円。 一年もったら今度は2円くれた 3円、お金が増えた。

という運用方法があります。これが基本。

もうひとつは

一株100円で買った。 翌月、会社が順調でみんなが会社の株を欲しがった。100円だった株は120円に値上がりした(欲しい人が多いと株は値上がりします)120円になるなら他の人に売ろう。

20円の利益。

100株、1000株単位で買うのが株。結構なお金になりますよね。増えれば。

iDeCoは投資信託というお金のプロが色々な会社に投資をしてお金を作ろうとします。

投資信託という株ではないですが、株にお金を預ける。

そこから出た利益を貰う。

iDeCoはある年齢に達しないと引き出すことができませんから、運用次第で、100万が120万、150万とお金が増える仕組み。

もちろん、会社が失敗したら0円の紙屑になるので気をつけなければなりません。

1つの会社に100万。倒産したら0円。

投資信託は複数の投資先があり、倒産されて5万円分が消えても95万は他の会社の株なので手元に残る。

iDeCoは政府が大丈夫だろこれって介入している商品です

絶対に損はしないという事は言えませんが、限りなく金融商品では安全でしょう。

こういったお小遣い作りもしなければいけない時代になった事を覚えていてね。

もっと詳しい事は証券会社のホームページで確認できるから調べてみてね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました