障害者年金の私の考え

コラム

障がい者年金というキーワードで検索してくる方々。

まず、障害者年金を貰うということは『私はダメな人間だ』

ここから抜け出しましょう。

なぜ、障がい者年金があるのか。これは社会保険でも国民健康保険でも同じです。

働けなくなった時、収入がなくなったらどうなりますか?

ということです。

日本は物々交換ではありません。そうするとお金が必要なのです。

勤労の義務、納税の義務、教育の義務

学校で習いましたね?

働いて、税金を払ってきたからこそ、受け取って良いんです。

もちろん、精神ですから貰わなくなる時も来るでしょう。でも、甘える時は甘えなさい。それが社会保障です。

私の場合で言うと、夏は気分が良く、冬は沈み、冬季は寝込んで通院しかできません。

夏、勤労の義務を果たすべく医師と相談し、就労許可を貰います。

夏、海の家や工場、お中元のバイト。なんでもやります。

この時、ポイントとなるのが『障害年金は止まらない』

6月、7月、8月、9月、10月 ひと月25万から30万 そこから『税金が引かれる』

半年働いて税金払ったから半年、ごめん、手当ください。

今年も冬が来たね~ダメだったね~今年も。どうしたもんかね~と先週医師と相談してきたばかりです。夏は月に1回の受診で薬を貰うだけなのですが、冬は週に1回、カウンセリングと薬を出してもらいに通います。

6か月働いて180万くらい手に入るんですよ。バイトで。

精神の関係で稼ぎがいい警備員にはなれないのでご注意を。

ここに120万の年金が来るんです。私はずっと低所得で年金を払えていなかったからこの金額です。

みなさんに社会保障を受ける為のお願い。

年金免除・猶予の申請は必須

税金を当ててくれるんです。積み立てたことにしてくれるんです。社会保障で。

滞納が税金は当ててくれないし、ペナルティーはあるし、年金計算の時に未納だから年金出せませんって話にもなることがあります。どんだけ役所と連携するんだという話ですがそうでもしないと、今、検索してここに辿り着いたあなたは、それだけ、出来ないんですよ?自覚してください。

何度も言います。年金は恥ずかしいものじゃない。必要な時に貰える社会保障なのです。

年金の免除手続き(年金事務所)

医療費の援助(障害福祉課)

障がい者手帳(病院と年金事務所)

障害年金の受給(病院と年金事務所)

このステップ、義務として積み重ねないと障害年金はもらえません。

よこしまな気持ちをもっていない本当の精神疾患をもっている方はこのステップを踏むべきです。

ちなみに、邪な気持ちで受給しようとする人は大方、医師にバレてます。舐めないように。

健康になったり、気分がいい時は就労して税金を納めて、どうしてもダメな時はがっつり甘えていいと思います。

私もこう書いては下りますが、恥ずかしいという気持ちはずっと消えません。だから夏に働くんです。

私より重い障害で年金だけでは生活できないとなったら、次の社会保障、生活保護で保障してくれます。

ただ、生活保護も、このステップを進み、医師と相談し、本当に働けず、救済処置が必要で、家族と縁もなく周りに援助者もおらず、どこからもお金が入ってこない。

そうなったら生活保護です。

生活保護も一生ものではありません。

一時的に税金を使わせて頂く制度です。

一時的に年金を使わせていただき、それでも無理であれば生活保護の税金を利用させていただく。

手続き、ステップの義務を必ず果たさなければなりません。

面倒くさいと思う人は健康です。働いてください。

もう生活できない!と発狂している人はすぐに病院に行ってください。

通っている人は参考になれば幸いです。

真面目にしてきたんだから真面目に社会保障を使って真面目に受給する。

それが社会保障です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました